鼻フェチマニアが見つけた天国に近い穴

DMMの月額動画で見れるAVを鼻フェチ視点でレビューしていきます。 鼻の穴に萌え、そしてヌケ!

    タグ:ミストレスランド

    新宿パラフィリアの美麗さん。
    やっぱり女王様はキレイなヒトがいいですね。

    タダで動画を見るなら、こちら。

    体験動画 ビッグデザイアSM


    もっと興味がある方は、ミストレスランドで。
    美麗女王様のプレイムービー、
    ミストレスランドで配信中です。


    月額7,560円で他の動画も見放題です。
    DMMやDUGAにはないので、ミストレスランド独占っぽいです。

    美麗様の奴隷の中で何をさせても
    一人前にできず泣き言ばかりの不良豚奴隷。

    3か月調教してもダメな豚を少しでも
    まともな奴隷にすべく美麗様の調教は
    今日も続くがやはりダメ。

    美麗様は叩いても叩いても
    ミスを繰り返す豚に
    今日は特別なお仕置きを用意した。
    今日の調教で合格点を取れなければ
    クソを喰わせる黄金便器のお仕置きだ。

    緊張の中運命の調教が始まった。
    果たしてダメ豚は合格点を取り
    糞食仕置きを逃れられるのか、
    それとも美麗様の糞を泣くほど味わうはめになるのか。


    豚飼育罰は黄金仕置き

     



    アダルトブログランキングへ


    トップページに戻る
    →・風俗体験動画・AVを記録していくブログ | トップページ

    西日本の風俗サイト情報はこちら 
    →・風俗体験動画、グラビア情報、関西、東海、九州

    ミストレスランドのオリジナル作品の中から聖水や
    舌後始末シーンだけを80分間収録した特集第二弾。
    S女達が自分のおしっこをあたり前のように
    M男の口めがけて排泄し飲ませるだけでなく、
    おしっこを顔じゅうにかけてM男のもがく様子を楽しみ、
    ペットボトル・ホース・コップを使い笑いながら飲ませ楽しむ。
    上手に飲めないM男には床にこぼれた尿を全て舐めて吸い取らせ、
    鞭打ちビンタなど泣くほどのお仕置きと調教。S女達は笑いながらののしり、
    自分の排泄物を飲ませることに征服感と快感を覚える。


    ミストレスランドで配信中です。

    「聖水人間便器スペシャル」

     


    DVDはDMMで。


    アダルトブログランキングへ

    棗レイラ女王様。
    サッズもやめて、
    バーのユリイカにもいないようです。


     


    レイラ様に家畜として飼われているマゾ豚、
    この豚をなんとか絶対服従できる家畜に
    仕上げるためレイラ様は考案した
    調教メニューを1日も休まず続けている。

    レイラ様は絶対服従魂を叩き込むため
    同じ調教でも昨日よりは今日、
    今日よりは明日と時間回数強度増やして行き、
    長時間多回数強打が
    普通と感じられるよう豚を覚醒させて行く。

    調教を始めたばかりのころは
    5分ともたずに泣き出した豚だが
    今日現在でこのレベルまで耐えられるまでになった。

    家畜人絶対服従飼育 棗レイラ


    ミストレスランド 動画  月額7,560円で他の動画も見放題 
    DMM 通販 6,418円
    DUGA 動画 6,480円





     



    アダルトブログランキングへ

    麻生眞由美女王様の
    プレイムービー「 極限追い込み責め」が
    ミストレスランドで配信されました。


    麗雅もノーブルシャトーもなくなったようですが、
    バーの リュパンドールはまだ営業されているのでしょうか?


    ブログはこちら



    生涯服従を誓ったマゾ男、
    その誓いが本物か口先だけなのか確かめる日、
    そう今日は眞由美様が最も楽しみにしている
    始めから一切容赦せず極限状態まで奴隷を責め続ける
    「極限追い込みの日」。
    打っても打っても止まらない鞭の雨、
    男の体は5分も持たずボロボロ、泣いても続ける蹴り、
    逃げても逃げても追いかけヒールで踏みつけ、
    フルスイングのビンタと拳の嵐、黄金を口に詰め込み塞ぎ、
    動けなくなり意識もかすれ反応が無くなるまで奴隷を追い詰め、
    更に極限まで責めを続けると人はどうなるのか?
    こうなります。

    ミストレスランドで配信中です。

     



    アダルトブログランキングへ

    このページのトップヘ